クリプト担保型ステーブルコインMaker Dai

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on telegram
Share on whatsapp

MakerというDAO (dicentralized autonomous organization)が発行するイーサリアム上のステーブルコインで、1 DAI=1米ドルの価値が続くように設計されている。ERC20トークンで、「ダイ」という名前は、中国語の「貸」から取られている。2017年12月18日に流通開始

現在は、イーサリアムを担保として発行されており、CDP(collateralized debt position)と呼ばれるブロックチェーン上のスマートコントラクトにイーサリアムを送ることで発行される。送ったイーサリアムは、発行されたDaiを送り返すと戻ってくる。つまり、CDPにイーサリアムを「貸す」ことで、Daiを「借りる」ことができる。

現在は、発行したいDaiの価値の150%のイーサリアムをCDPに送らなければならない。つまり、1.5ドル分のイーサリアムをCDPに送ると、1 DAIが発行される。この150%を「担保比率」と呼ぶ。

Daiの価格がUS$1より低くなると、CDPをオークションで販売、イーサリアムの価値が、それが担保するDaiの価値より低くなる前に売り払う(質流れ的な)。

イーサリアムの価値が一気に暴落して、オークションが間に合わないような「ブラックスワン・イベント」では、Makerが発行するもう一つのコイン、makercoin (MKR)が威力を持つ。

MKRホルダーはDaiのガバナンスを行なっており、投票によりDaiとイーサリアムの担保比率を変更できるため、ハイリスクだと判断したら比率を上げることもできる。また、発行上限額などの決定権もあり、こうしたガバナンスの報酬としてフィーを受け取る。

その一方で、DAI発行時の担保の価値が発行されているDAIの価値を下回ると、自動的に新しいMKRが発行され、それを市場で売った代金がDaiの担保不足に補填される。つまり、MKRホルダーは、ガバナンスを間違えると自分の持分が希釈化されることになる。

MKRホルダーは重要な役割を果たすため、MKRは限られた市場 (OasisDEX、 Bibox)でしか流通しておらず、投機的投資家の参入を防いでいる。主だったところでは、2017年12月に1200万ドル分2018年9月に1500万ドル分のMKRをベンチャーキャピタルに売却した。Andreessen Horowitzが主要投資家として知られる。

GUポッドキャスト ep.2:ステーブルコイン

参考資料:

Maker for Dummies

開発者向けドキュメンテーション

RedditのMakerDAOサブレディット

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on whatsapp
Share on pinterest
Share on telegram

Profile

watanabechika
Born in Japan, lives in Silicon Valley.
Japanese Blog: chikawatanabe.com
English Blog: eng.chikawatanabe.com
Category
Recent Posts
Service

ビジネスユースに特化したPoA型高速ブロックチェーンをご提供いたします。

デスクトップ & モバイルのタブ型Webブラウザをご提供いたします。
guchain_ico
ビジネスユースに特化した
PoA型高速ブロックチェーンをご提供いたします。
Lunascape
デスクトップ & モバイルの
タブ型Webブラウザをご提供いたします。
トップへ戻る